wordpress

WordPressインストール後にやっておくべき6つの初期設定!

WordPressをインストールしたばかりの皆さん!WordPressのインストール本当にお疲れ様でした。

皆さんWordPressの初期設定はしましたか?

 やまおう
やまおう
WordPressインストールしたし、記事をこれからいきなり書こうとしていませんか?
Yamalog
Yamalog
いきなり書くと大変なことになるので、今日はWordPressインストール後の初期設定を紹介するね。

WordPressの初期設定がなぜ大事なのか?
簡単に説明すると、理由は2つあります。

・後々コンテンツが増えてきた際の管理を楽にするため
・初期設定するだけで簡単にSEO対策の基礎が出来るため、時間を節約出来る

初期設定って聞くだけで、時間もすごくかかって難しそうなイメージもありますが、WordPressの初期設定は至って簡単なので一緒に見て行きましょう!

WordPressをインストールしたらすぐにやっておくべき初期設定

WordPressをインストールしたらすぐにやっておくべき初期設定は全部で6つあります。

インストール後にやっておきたいWordPressの初期設定
・一般設定:サイトタイトル・説明文章などの基本設定
・投稿設定:固定ページや記事の投稿に関する設定
・表示設定:トップページやRSSなどの設定
・ディスカッション設定:自分や視聴者さんコメントの設定
・メディア設定:画像サイズの設定
・パーマリンク設定:URLの表示方法に関する設定

それぞれ設定方法を実際に見ていきましょう。

1. 一般設定

一般設定でやらなければいけない設定は全部で5つあります。
WordPressインストール時にしっかり設定している方は問題ないですが、一応1つ1つ確認しておきましょう。

サイトタイトル

サイトタイトルは、検索エンジンで検索した際にどんなサイト名で表示されるかを決めます。
サイトタイトルは、検索エンジンで「どんなサイトなのか?」をすぐに伝えるために必要な情報ですので必ず設定しましょう。

サイトタイトルは、短くて覚えやすいものを設定しましょう。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズは、結論からいうと空欄にしておきましょう

理由としては、SEO上ダブってしまう可能性があり好ましくないからです。

お使いになるWordPressのテンプレートテーマによっては、このキャッチフレーズを「h2タグ」である見出しタグとして認識されたり、タイトルタグとして認識されてしまう場合があります。

このキャッチフレーズは「メタディスクリプション」として、表示されます。

メタディスクリプションの設定に関しては、WordPressプラグインにある「All in One SEO Pack」をインストールして設定することをオススメ致します。

WordPressプラグインの「All in One SEO Pack」を使うことで、メタディスクリプションをSEOに一番最適な形で表示してくれます。

WordPressアドレス(URL)

スキップしましょう!

WordPressをサーバーの自動インストールでしている際は特にここをいじる必要はありません。

URLを変更すると、エラーなどが発生してしまうのでいじらないようにしましょう。

サイトアドレス(URL)

スキップしましょう!

こちらもWordPressアドレスと同様に何もいじりません。

もし仮にいじるとするならば、WordPressをサーバーから自動インストール後にSSL化させる時だけです。

メールアドレス

メールアドレスはここに入力されているメールアドレス宛に、「記事に対するコメント」や「サイトのバージョンアップやWordPressのバージョンアップ」などのお知らせなど登録したメールアドレス宛に届きます。

なるべくパソコン・タブレット・スマホなどでいつでも見れる共通のメールアドレスを使用すると良いでしょう。

2. 投稿設定


投稿設定は色々書いてありますが、基本的にWordPressをインストールしてから何もいじらなくて大丈夫です。

投稿用カテゴリーの初期設定

そのまま「未分類」または「Uncategorized」で大丈夫です。記事毎によって、カテゴリーは変わってくるはずなので、記事を書く毎に設定すれば問題ありません。

デフォルトの投稿フォーマット

そのまま「標準」で大丈夫です。
デフォルトの投稿の仕方を設定できます。写真や動画などを駆使する人のブログなどは設定が変わってきますが、一般的なサイトであれば「標準」で問題ありません。

リンクカテゴリー初期設定

「Blogroll」で大丈夫です。
リンクカテゴリーとは、あなたの記事のカテゴリーにリンクを与えて編集することができます。
毎回自分でカテゴリーを作成した時に、リンクは編集すれば良いと思うので「Blogroll」で問題ありません。

すべてのユーザーのデフォルトエディタ

クラシックエディタがオススメ!
エディター画面の設定になります。
ブロックエディターでも良いですが、長くWordPressを扱っている人からしたら少し使いにくいエディター画面です。

ユーザーにエディターの切り替えを許可します。

「いいえ」で大丈夫です。
「はい」にする場合は、記事を書くたびにエディターを選択しますが、圧倒的に「クラシックエディター」が使いやすいので、「いいえ」で大丈夫です。

メールでの投稿

設定しなくて問題ありません。
WordPressのコンテンツをメールから投稿することができるようになる設定です。
WordPressのコンテンツをメールから作成するよりも、WordPressにログインしてコンテンツを作成した方が見栄えやSEOなどもしっかり構成することができるのではるかに効率的です。
なので、設定する必要はありません。

更新情報サービス

ランキングサイトのRSSなどの設定がここから簡単に行うことができます。

WordPressコンテンツを作り、サイトを更新するとランキングサイトにも「更新されました」と表示してくれる機能になります。

速報系などの情報をいろんなサイトにRSSとしてシェアされるので、たくさんの人の目により止まりやすくなります。

WordPressコンテンツや記事をとにかく一気に伸ばしたいのであれば、ランキングサイトの登録はオススメです。

とりあえず以下のもの全てコピペで貼っておきましょう!

http://ping.fc2.com/

http://blog.with2.net/ping.php/

http://ping.blo.gs/

http://ping.dendou.jp/

http://pingoo.jp/ping/

http://ping.feedburner.com

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://ping.sitecms.net

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://ranking.kuruten.jp/ping

http://rpc.pingomatic.com/

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

今、WordPressの更新情報に貼ってあるものも含めて全て置き換えてしまって問題ありません。

3. 表示設定


表示設定で出来ることとしては、WordPressで作ったあなたのサイトのトップページを変更したり、RSSの表示の仕方を設定が可能です。

ホームページの表示

基本的には最新の投稿にチェックしておけば問題ありません。

あなたのホームページをカスタマイズする場合は、固定ページで自分の好きなようにカスタマイズしてここで設定するとトップページが出来ます。

1ページに表示する最大投稿数

10投稿のままで大丈夫です。

これは読者が、トップページやカテゴリー別に記事を探している時に記事を表示してくれる数を指します。

RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数

こちらも同じく10投稿のままで大丈夫です。

RSSなどのランキングサイトで最新記事を表示してくれる時、10投稿まであなたのブログの最新記事を表示してくれます。

RSS/Atom フィードでの各投稿の表示


ランキングサイト経由で少しでも読まれたいなら、抜粋のみを表示するを選択しましょう。

RSS/Atomフィードでの各最新投稿の表示ですが、全文を表示してしまうと長々書かれていて分かりづらいです。

検索エンジンでの表示

チェックを入れないようにしましょう!
チェックを入れてしまうと、GoogleやYahoo!などといった検索エンジンに引っかからないように機能します。

「クローズドサイト」「会員限定サイト」などを作る際に使用する機能です。

4. ディスカッション設定


ディスカッション設定は、ユーザーがコメントなどをするルールなどを設定で変更することが出来ます。

投稿のデフォルト設定

 」

あなたのブログに外部リンクが貼られた時に、相手に通知されます。
これはオンでも良さそうですね。

新しい投稿へのコメントを許可する

もしあなたのブログにコメントされたくない場合は、ここのチェックを外しましょう。
これら以外は好きな設定で問題ないかと思います!

5. メディア設定

画像のサイズ

それぞれのサムネイル、中、大サイズのサイズは初期設定が上記のサイズで問題なければそれで問題ありません。

ファイルアップロード

写真やPDFなどあなたがアップロードしたものを年月ベースで管理しやすいようにここチェック入れておくと便利です。

おそらくこれは初期設定でチェック入っているかと思います。

6. パーマリンク設定


パーマリンクが1番重要なパートと言っても過言ではありません。

パーマリンクはあなたの記事のURLを指定するものです。

少なからずよくないのは「数字」や「やたらと長いURL」です。

オススメは投稿名だけにする

URLですが、投稿名だけにしておくのがオススメです。


このブログはカスタムでhttps://xxx~ / カテゴリー名 / ポスト名になっていますが、いざカテゴリーを変更したい時にURLが違ってしまいます。

そうなると折角昔のURLにアクセスしてくれたユーザーに対して「この記事は見つかりません」と言った対応になってしまうのでオススメしません。

ここを投稿名にしておけば、あとは自分で投稿時にカスタマイズすればいいだけなので便利です。

・パーマリンクは投稿名
・投稿時に投稿名のURLをちゃんと英語表記にする

まとめ

以上、今回はWordPressインストール後にやっておくべき初期設定を紹介しました。

WordPressの初期設定ミスるとあとあと面倒くさいことになるので、早めに対策しておくのが吉です。

インストール後にやっておきたいWordPressの初期設定
・一般設定:サイトタイトル・説明文章などの基本設定
・投稿設定:固定ページや記事の投稿に関する設定
・表示設定:トップページやRSSなどの設定
・ディスカッション設定:自分や視聴者さんコメントの設定
・メディア設定:画像サイズの設定
・パーマリンク設定:URLの表示方法に関する設定

特に重要なのが、一般設定とパーマリンク設定ですね。
ここだけでもしっかりやっておきましょう。